なないろ・ぱすてるへ

ようこそ!

保護者の皆様へ

幼児期は脳の機能が育つ時期。子どもさんの
「気になる、心配」 は早期に気づくことが大切です。また 【早期療育】の必要性を強く感じています。身体的な発育はもちろん「言葉が遅い」「落ち着かない」「コミュニケーションがとりにくい」
「集団遊びができない」「こだわりが強い」等々・・・「就学前でまだ小さいから・・・」と思わず、「気になる」と思った時に専門機関に相談して下さい。子どもさんの困り感が少しでも困らないこととなるように・・・家族や周りの早期の支援が子どもさんをグンと伸ばすと信じています。                       たんぽぽ保育園 園長    中元 敬子

なないろについて


“なないろ”は周東地区に初の未就学児、児童発達支援施設です。

家庭的な雰囲気の中、ひとりひとりの発達にあわせた活動内容で職員一同大切なお子様をお預かりしたいと思っています。

お子様が安心して日常生活における基本的動作を習得し、また集団生活に適応できるよう適切な支援を提供します。

また当事業所はたんぽぽ保育園と同法人です。保育園とも連携を図っていきます。

施設概要


【開所日】月曜日~金曜日

      9:00~15:00

     15:00〜16:00(日中一時支援)

     *祝日、お盆、年末年始除く

     *延長については要相談

【対 象】未就学児

【定 員】10名/日

【体 制】管理者,児童発達管理責任者

     保育士,社会福祉士,        

     看護師、指導員、専門指導員(音楽療育)

     医師(協力医療機関)

     利用には市町村から発行される受給者証が必要です。今既に他の事業所に行かれている方も手続きをすれば利用可能です。

一日の流れ




【なないろ・ぱすてるの特徴】

 

1.感覚統合

 ① やってみたい!気持ちを
 ② 自ら進んで行動に移し
 ③ うまくいったと実感できること

 この3つがそろっている時、感覚統合機能が最も発達するというのが、感覚統合療法の基本的な考えです。

 そのため、当事業所の活動内容は、子どもたちが「やってみたい!とても楽しい!」と思えるものになっています。

 

2.個別支援

 発達に不安をもつ子どもたちの困り感は、直接表に見えにくく、一般の人達には理解されにくいことがあります。

 そんな子どもたちに寄り添い、安心して日常生活がおくれるよう基本的動作の習得にも力を入れています。

 また集団生活にも適応できるよう、適切な支援を提供します。

 当事業所は保育園が母体となっておりますので、必要に応じ、保育園との交流も行っていきます。

 

3.親子支援

親子支援は、当事業所が最も大切にしている支援です。

 ご家庭での悩みや不安をお聞きし、家庭療育の方法を一緒に考えていきましょう。

 

☆お子様が利用されてる間、ママカフェスペースでゆっくりお待ちいただけます。

 

また「なないろ」ならではのイベントを企画しています。新年度から月1回の「ママ会」も予定しています。

イベントを通じ、お子さまの成長を一緒に感じていけたらと思っています。

ご利用までの流れ


①予約

 まずはお電話またはメールにてご連絡ください

 面談の日程を決めさせていただきます

 T E L :0827-84-3123

     FAX   :  0827-84-3122

 Email:nanairo7716@hi3.enjoy.ne.jp

              :pastel2022@hi3.enjoy.ne.jp

 【受付時間 平日9:00~17:00】

 

②施設のご案内及び面談

 職員より施設のご案内とプログラムの説明をし、その後、お子様の状況やご家族が考える課題や目標などを教えて下さい

 

③ご利用契約

 ご契約に際しては、母子手帳、受給者証、ご印鑑をお持ちください。

 

ご利用料金について


・原則として、サービス利用料金(厚生労働省の定める額)の1割を事業所にお支払いいただきます(*但し、市町が定める月額負担上限額の範囲)

・利用料金は1か月ごとに計算しご請求しますので、翌月末日までに窓口に現金でお支払いください

3歳以上の子どもさんには無償化に伴い利用料が無料となります。詳しくはお問い合わせください。

・その他、おやつ・イベント参加費等別途いただく場合があります


 

 

☆お気軽にお問い合わせください☆

☆ご連絡、お待ちしております☆